ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ/2015スーパー耐久シリーズランキング2位 /栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

menu

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

お客様の声(口コミ、評判) 茂木町 柴澤亮様より「思わずもらい泣きの感動秘話っ!!! ドラマチックすぎますっ!」

茂木町 柴澤亮さんより大人の勉強会 無限ホンダF1監督講演会&懇親会の感想をいただきました。

 

ホンダカーズ野崎第2回勉強会

『元無限ホンダF1監督講演会』を

拝聴させていただきました!

F1ファンとして、

この講演は聞き逃せませんっ!

 

松本店長からは自由記載OKの

お許しをいただいたので

聴きたいけど聴けなかった方々の為に

かなりディープなお話を

少しオブラートに包みながら(笑)

お伝えしたいと思います。

 

講師は、松本店長の元上司であり

無限ホンダF1活動9年間/147戦に渡り

チーフエンジニアを務めた方ですが

今回お忍びで講演していただく事から

残念ながら画像はございません。

 

親しみを込めて「監督さん」と

書かせていただきます。

90年代F1を観ている方なら

皆さんご存じかとは思いますが(笑)

 

そんな監督さんの経歴紹介から

始まったF1講演会。

無限一筋だと思っていましたが、

意外な会社からの転職でビックリ。

ディーゼルエンジン畑で

働いていらしたのですね。

(学生自動車部の時には

ラリー参戦に勤しんでた。)

 

160227-01 

どうしてもレース屋になりたくて

移籍した無限での最初の仕事が

グループAシビックの

「センターロックホイールナット」

 160227-02 

当時、F1ホンダエンジンの

日本国内テスト車両であった

ウィリアムズFW11・ホンダ。

車両メンテナンスを

無限が請け負っていたそうですが

そのF1マシンのナット形状を

ヒントに設計されたとの事。

既にこの頃から

F1と繋がっていたのですねぇ。

ちょっと感動。

 

無限とブリヂストンタイヤとの

F1参戦用タイヤの

先行開発プロジェクトを

開始した80年代後半…

軽量V8エンジンの可能性を探る中で

F3000エンジンのスロットルを

スライド式からバタフライ式へ

変更した経験を買われて

ヘッド、スロットル、吸気系と動弁系を担当。 

改良を手掛けられたそうです。

後に、ティレルチーム創設者である

故ケン・ティレルさんから

「このエンジン、ウチのマシンに

載せてみたいねっ!」

と言わしめた逸話付き!

 

91年、ティレル・ホンダV10の

エンジンメンテを担当するところから

いよいよ無限がF1サーカスへと

飛び込んでいきます!

≪追記≫

監督さんはStefanoモデナの

Dataエンジニアとして

ベルギーGPからF1デビュー!

 

【92ー93年】フットワーク時代

 

ホンダからV10エンジンを

引き継ぐカタチで遂にF1デビュー!

デビュー年は上々の船出だったものの

翌年は車体の電子デバイス搭載が遅れ

苦戦を強いられる事に…。

 

初遠征となった南アフリカでは

宿泊ホテルのベッドに

サソリが隠れていないか

真剣に確認したという話も…(笑)

 

【94年】ロータス時代

 

チームが財政難に見舞われ

ノーポイントで終えた苦難の年…

そんな中でもエンジン改良に励み

渾身の新型を投入したモンツァで

予選4番手を獲得するなど

随所に戦闘力を発揮したシーズン。

でも、一番悔しい年だったようですね。

 

【95年】リジェ無限ホンダ初表彰台

 

フランスのチームとの初タッグ。

チームへ輸送した初号機エンジンには

クリスマスデコレーションを施し…

しかも電飾付きっ!!!

電源はどうするんだぁ!

つけっぱなしで送りましょー!

現地まで電池もつかよっ!(爆笑)

…面白過ぎるエピソードですね。

リジェスタッフに大ウケしたとともに

一気に打ち解けたという粋なお話。

 

そうして迎えた最終戦アデレード…

当時の映像を交えながら

いよいよ核心に迫っていきますっ!

 

無限ホンダパワー炸裂で

レース終盤にグイグイ順位を上げる

オリビエ・パニス選手。

このままフィニッシュすれば

初表彰台という残り4周のところで

エキゾーストパイプから

モクモク白煙を噴き上げるマシン…

何とか走り切り、2位表彰台を獲得!

歓喜のシャンパンファイト!

…舞台裏では一体何が…?

 

監督さんを含めた無限スタッフは

レース残り10周のところで

エンジンの変調に気付いていた…

スカベンポンプで吸い上げて

負圧のはずのクランクケース内が

異常な圧力値を示していた事を…

何らかの原因で1気筒死んでいる

エンジンをゴールに導く為

シフト時の回転数を下げるよう

ドライバーに指示する監督さんっ!

 

レース後、即日本に搬送された

エンジンを分解してビックリ!

なんとピストンヘッドに大穴がっ!

通常

ピストンヘッドにヒビが入った場合

下まで貫通して吹っ飛んで粉砕され

ド派手にブローするところですが

設計者である松本エンジニア同様

肝が据わっているピストンで(笑)

その姿を保ったままレースを

走り切ったのでありますっ!!

 

この穴を通じて燃焼室と

クランクケース内を往復した

オイル混じりのガスが白煙となり

モウモウと立ち上っていた訳です。

 

穴が開いた原因を徹底調査した

エンジニアがいたそうですが…

詳しく知りたい方は店長まで(笑)

 

【96年】リジェ無限ホンダ初優勝!

 

何と言ってもこの年のハイライトは

伝統のF1モナコGP!

ただでさえトリッキーな

モンテカルロ市街地コースで

ウェットからドライに変わる難しい

コンディションだったこのレース。

トップ集団のリタイヤ続出という

ラッキーな面があったのは確かですが

自力で追い上げた激走が功を奏し

悲願のF1初優勝を飾るのでしたっ!

優勝の裏にドラマありっ!

 

実は…

決勝日朝のウォームアップ走行で

パニス選手がトップタイムをマーク!

好調さに勇気付けられたチームは

勝つ為に必要な戦略を必死で考え

ドライバーがレース終盤に

ファステスト連発でそれに応える…

勝つべくして勝ったレース!

 

更に前日のお話し…

初日から好調で手応え十分の中で

迎えた予選だったものの

ミスファイアによる失速で後退…

無限スタッフは原因究明の為

プラグを外そうとするも外れず

修復不能と判断して走行を断念…

パニス選手の予選14番手確定。

 

失意の予選の晩

トラブルの原因がエアボックスの

カーボンパーツが剥がれて

燃焼室に入り込み、プラグを

変形させていた事が判明!

チームスタッフが一丸となり

夜遅くまで修復作業をする姿を

ずっと傍らで見守っていたパニス…

 

作業が終わるのを見届け

パニスがスタッフにかけた言葉…

 「Tomorrow will be another day.」

きっと明日はいいことあるさっ!

 

96モナコの週末が蘇ってきたのか

監督さんは言葉を詰まらせ

眼には熱いものが…(号泣)

思わずもらい泣きの感動秘話っ!!!

ドラマチックすぎますっ!

 

【97年】プロスト時代

 

盟友ブリヂストンタイヤと

再びタッグを組んだ年。

エースドライバーの負傷が無ければ…

という想いは強かったはずです。

リジェ/プロスト3年間の

パートナーシップが終わる際

ユニホーム交換をしたそのシャツ姿で

講演する監督さんがステキでした。

 

【98ー00年】ジョーダン時代

 

98年ベルギーGP:優勝&2位

99年フランスGP:優勝

99年イタリアGP:優勝

コンストラクターズタイトルも

射程圏内だった充実の3シーズン。

しかしながら

ホンダ第3期F1活動本格化を機に

無限F1挑戦の幕は閉じるのでした…

 

いやぁ、素晴らしい講演でしたね。

これにて講演終了か…と思いきや

松本店長から監督さんへ

サプライズ動画のプレゼントがっ!

監督さんのF1人生を振り返る

店長渾身の作品っ!

監督さんの息子さん達が登場する

場面では思わずジーンときました…

 

引き続き質問コーナーです。

まずは私の質問から…

号泣の初優勝にはまだ逸話があった!

 

【96年モナコGP燃料残量秘話】

 

レースペースに絶対の自信を

持っていたチームは

ウェットからドライになるレースを

2時間レースになると読み

グリッド中団から追い上げて勝つ為に

ガソリン無給油作戦を敢行っ!

 

作戦が見事にハマり

コース上で順位を上げまくるパニス!

思いの外ドライへの移行が早く

燃費がキツくなったレース終盤。

監督さんが担当エンジニアに

ガソリン残量がもつのかを問うと

「マイナスですっ!(汗)」の返答…

誤差分を見込んだらどうなんだっ?!

「それでもマイナスです!(大汗)」

 

後続2位とのギャップは3秒…

ペースダウンは許されない状況!

そうして迎えた最終周…

 

ヌーベルシケインで

ミスファイアしてたら

ガス欠で戻ってこれないから

音聴いとけっ!…と監督さん。

「ミスファイアしてませんっ!」

ヨシっ!!!

 ピットでの壮絶なやりとりを尻目に

パニスは無事フィニッシュラインを

トップで通過出来たのでした!(笑)

結局

ウイニングランまで走れた訳で

だいぶ燃料計測を安全方向に

振ってたんですね…というオチ付き。

 

さらにレース後の車検で

ソフトウェアの検査が必要で

検査専用PCがあるそうなのですが

ピットから遠く離れたパドックへ

PC取ってこいっ!とレース最終盤に

電装エンジニアに命じる監督さん。

おかげでそのエンジニアさんは

初優勝の瞬間に立ち会えず…(泣)

まさか勝つと思ってなかった?(笑)

 

しかも

フランス語圏のモナコで

フランス系チームのリジェ無限ホンダ

フランス人ドライバーのパニス優勝!

現地はお祭り騒ぎで

車検は素通りでOKに…

エンジニアさんのトホホ感が…(笑)

 

そんな裏話があったとは驚きです!

さて、続いてのご質問は…

 

【レギュレーションに対する想い】

 

94年の事故を受けて

規則が目まぐるしく変更された件

当事者の一人であった監督さんが

想うところとは…

 160227-03 

グルーブドタイヤの規則を例として

溝をどこにどのサイズで追加するか

丁々発止のやり取りがあったと回想。

安全も大事、技術競争も大事…

揺れる想いがあった事を

吐露してくれるとともに

現在の難しすぎる

レギュレーションへの

危惧もされていました。

 

【年間エンジン製作台数って?】

 

リビルドを含めると年間100基!

予選12周限定仕様もあったとか。

そういう時代だったのですねぇ。

(注)16年は年間4基制限です!

 

【ホンダと無限のF1挑戦の差とは】

 

お互い勝つ為の挑戦に変わりないが

ホンダは背景に技術構築する姿勢

無限はチームにエンジン供給して

共に勝とうとする姿勢

ベクトルが違うとの見解でした。

 

…以上、講演会レポートでした。

内容盛り沢山でしたね。

 

でも…

まだまだ続くよ懇親会編(笑)

ふれあいの丘から明り亭へ移動し

大人の部活後編がスタート!

 

まずはホンダ歴・愛車など自己紹介。

食事がてらエナジードリンク(笑)

酌み交わし、クルマトーク炸裂!!

インディカーの空力論…

タイヤのトレッドデザイン論…

レーシングドライバー評論…

鈴鹿のセットアップ論!!…

熱すぎて食らい付くのに必死ですっ!

 

「実はですね…」「実はですね…」と

裏話を披露してくれる監督さんっ!

本当にエンジン屋さんですかぁ?!

 

最後には

日本GPで2台とも同じ場所で…

無限新築社屋のドアを1週間で…

イライラしてゴミ箱を…

怒るとFAXの文字が…

松本店長とのやりとりが漫才ぽくて

めちゃ面白かったです(大笑)

面白過ぎるので、次回の講演会…

討論会?にとっておきましょうかね。

 

そんな訳で

あっという間に終わった感のある

F1講演会&懇親会。

 

怖いイメージを抱いていた監督さんは

実は気さくで楽しい方でしたっ!

お会い出来て大変光栄です。

次回もやる気マンマンみたいですし、

またよろしくお願いしますっ!

 

日本の設計サイドには

削れるところがあったら削れっ!

と指示する一方で、レース現場では

勝利の為に最善の戦略を練る…

大変な気苦労があったと思います。

設計には店長もいましたしね(笑)

 

ホントにそれだけの人数で??

監督さんと松本店長を含めた

数十人の精鋭で戦い抜いた

無限のF1挑戦。

世界を舞台にF1通算4勝!

レーシングエンジン屋としての誇り…

もっと沢山の方に知ってもらいたい!

そんな想いがした一日でした。

 

このようなイベントを企画してくれる

ディーラーが他にあるでしょうか?

次なるイベントに

少しでも興味があれば

参加申込みしてみる事を

オススメします。

内容が分からなくても大丈夫。

分からないからこそ聴くのです(笑)

店長をはじめスタッフの方々が

親切に教えてくれるのでご安心を!

======================
店長 松本より
いつも素晴らしいレポートありがとうございます。
このレポートを読んでもらえれば
大人の部活がどうだったのか
理解してもらえますね!
今後も魅力的な勉強会企画していきます!
今後もレポートよろしくお願い致します。





【営業スタッフ募集のお知らせ】

ホンダカーズ野崎では私たちと一緒に働いて頂ける、
新たな仲間を募集させて頂いております。
ホンダ車をとおして
イベントをとおして
レースをとおして
お客様と深く関われるお店です。
1店舗のお店ですが
徹底的に他ディーラーでは
できないことに
チャレンジして
楽しんでおります。
今後もホンダファンのために
イベントやレースに チャレンジし続けていきます!!
そんな魅力的な仕事を
いっしょにやってみませんか?
詳細はこちらから

ホンダカーズ野崎イベント情報

ivent
 
お客様の声

okyaku

ホンダカーズメルマガ登録

mail-300x225

ホンダカーズ野崎の実況中継は

店長のフェイスブック

*メッセージ付きの友達申請お待ちしております


 

   ホンダカーズ野崎スタッフブログ

    店長ブログ F1おじさん

    営業小原のブログ

    営業風見のブログ

    シビックタイプRお探し依頼

 ホンダカーズ野崎

 栃木県大田原市薄葉2702-2

 TEL 0287-29-0107

関連記事

年間イベント情報

taitol_omoide1-300x131 今年もやります!

スーパー耐久参戦中

14183777_899538860149964_6628922201844898615_n 2014シリーズランキング2位 2015シリーズランキング2位

ドラチャレ(ドラビングスキルアップチャレンジ)

v8
次回10月1日開催!!

スーパー耐久動画

spt

個性派スタッフ

staff

カテゴリー

HondaCars 野崎

〒324-0035
栃木県大田原市薄葉2702-2
TEL 0287-29-0107
FAX 0287-29-0374
定休日 水曜日
営業時間
  9:00~19:30
古物商登録番号
 野崎ホンダ株式会社
 栃木県公安委員会
 41108000033

お探し依頼

top%e7%94%a8typer_2

シビックタイプR 買取

IMG_3376 (1)

エンジンオーバーホール

IMG_0354_R

HondaCars 野崎

〒324-0035
栃木県大田原市薄葉2702-2
TEL 0287-29-0107
FAX 0287-29-0374
定休日 水曜日
営業時間
  9:00~19:30
古物商登録番号
 野崎ホンダ株式会社
 栃木県公安委員会
 41108000033