ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

お客様の声(口コミ&評判) ホンダS660茂木町 柴澤亮さんより「感動と興奮で足がしばらくガクガクしてました…」

投稿日:

お客様の声 ホンダS660茂木町 柴澤亮さんよりスーパー耐久最終戦のレポートをいただきました。

 

2015 SUPER耐久

ST-5クラス
最終戦鈴鹿2位表彰台
そして
シリーズランキング2位獲得
おめでとうございますっ!

栃木から鈴鹿まで遠征して
S耐ホンダカーズ野崎号の
応援に行ってきた模様を
お伝えしたいと思います!

今年はもてぎ戦と富士戦に
現地へ応援に行きましたが
菅生戦の優勝に立ち会えず…
有終の美を飾るであろう
期待を込めて
聖地鈴鹿サーキットへ
S660で向かいました。

まずは予選日から。
ピットウォーク真っ最中という
タイミングで2号車ピットに到着し
店長…いや、松本監督から
近況をお伺いしたところ
金曜日のフリー走行で
10,000rpm超えの
オーバーレブをしてしまい
ブローの危険性があったので
朝のウォームアップを
走行していないとの事…

何やら富士の悪夢が甦ってきましたが
いつ壊れてもおかしくない
このエンジンで予選に出走するとの事で
ひとまずヘアピンへ移動して観戦。

Aドライバー予選
ドラチャレ師匠の山下選手の走り!
2'34.031でクラス2番手

151025-02

続くBドライバー予選
山田選手のアタック!
2'31.100レコード更新でクラストップ!

151025-03

Cドライバー予選
加茂選手の走行!
2'38.809で基準タイムクリア
やっぱりコンサバ?

 

無事予選終了、ホッ。
A/Bドライバー合算タイムにより
手負いながらも
予選クラス2番グリッドが確定!

予選後のミーティングでは
エンジンのフィーリングが上々だったので
ユーズドのスペアエンジンに
交換しなくて良いのでは?
という意見が多数を占めていたそうですが
そこはエンジン屋代表
F1おじさん松本監督
ビシっとエンジン交換を決断っ!

 

一か八かの優勝狙いか…
最低でも19号車の前で完走して
シリーズ2位確保か…
最悪シリーズランキング5位まで
転落する可能性がある中での
チーム監督采配…

このままエンジン交換せずに
決勝中にブローでもしたら
それこそ一生後悔するはずで
急遽手配した中古エンジンの
素性を確認した上での大英断…
男気を感じずにはいられません(泣)

そんな訳で残業決定!
言い出しっぺの監督もお手伝いします(笑)

151025-04

真っ暗な鈴鹿サーキットで
黙々と作業を続ける
チームスタッフの皆さん
お疲れ様ですっ!
こんなところまで見せていただけるとは…
レースマニアには堪りませんね(笑)

151025-05

20時過ぎまで作業を見守った後
無限RRのmottiさんと合流し
3人で白子駅前の居酒屋さんで
ホンダカーズ野崎班の前夜祭開催!
クルマ話からレース談義
果てはここでは書けない
ディープなお話し(笑)に至るまで
気付けば日付が変わっていましたが
大変楽しいディナーとなり
ご馳走様でした!

一夜明けいよいよ決勝日!
二日酔いながらも寝坊せず
朝のウォームアップ走行を
シケインから。
インスタレーションラップが
終わりピットインする2号車。
監督もホッとした事でしょう。

151025-06

順調にラップを重ねて
クラストップタイムのオマケ付き。

151025-07

ピットウォークは
毎度華やかですねー。
高みの見物です(笑)

151025-08

さぁ決勝レーススタート…
と思いきや
グリッド試走直前まで
マシンのサービスが行われており
何やら緊迫感が漂っているピット内。

燃料系の不具合らしく

ファイヤーマン松本も心配そう…
というか
店長は一体何役こなしているのでしょう?

151025-09

ギリギリで調整が終わり
いざレコノサンスラップへ出陣。

151025-10

スターティンググリッドでは
しばしリラックスした光景が
広がっていました。

151025-11

なんというブルースカイっ!
このグリッドだから可能なアングル!

 

と言っている間にスタート20分前…
今回はレースカメラマンとしての大役を
監督から仰せつかっているので
スタートシーンを撮影すべく
1コーナースタンドへ猛ダッシュ!

いよいよ3時間耐久レーススタート!
スタートドライバーは山田選手。

151025-12

69号車との接近戦!
1コーナーへの飛び込みっ!

151025-13

2コーナーでテールトゥノーズ!

151025-14

そして
69号車をオーバーテイクして
トップ浮上っ!

151025-15

独走状態かぁと思った矢先
130Rのデブリ回収の為
セーフティーカー(SC)導入!
このタイミングで
1回目のピットストップ(のハズ)

クラストップで
リスタートが切られ
逆バンクを疾走する2号車。
車高の低さがハンパないです!

151025-16

と思ったら
130Rでのクラッシュの為に
2回目のSC導入…

逆バンク&観覧車
with ホンダカーズ野崎号。

151025-17

のんきに撮影している間に
2回目のピットストップで
加茂選手へスイッチしたり
レース序盤の接触による
ドライビングスルーペナルティを
課せられたり
3回目のピットストップで
アンカーの山下選手へバトンタッチ…
目まぐるしく展開していた模様。

クラス3番手まで
後退してしまいましたが
シリーズ2位は手中にある状況で
最終スティントを迎えます。
S字コーナーにて山下選手の猛追!
黒ガムテ補修が痛々しい…

151025-18

おーっと
ヘアピンでの多重クラッシュにより
本日3度目のSCラン!
2号車にとっては恵みのSC?

151025-19

2番手走行の17号車の背後で
最後のリスタート!
山下選手へエールを送りながら
パドックへ向かいます。

ピットガレージに戻ると
チームスタッフの皆さんが
モニターに釘付けになって
戦況を見守っており
緊張感MAX!

151025-20

ファイナルラップに入ると
山下選手が2番手に浮上して
ホームストレートに戻ってきて
歓喜のチェッカーフラッグ!
ピットウォールに駆け寄り
その瞬間を分かち合いましたっ!

151025-21

戦略的エンジン交換が
実を結んで
してやったりの笑顔の松本監督と
ガッチリ握手を交わしながらも
感動と興奮で
足がしばらくガクガクしてました…

IMG_3182_R

ゴール直後の山下選手に
声をかけようとしましたが
2位で悔しさを滲ませていたので
「おめでとう」ではなく
「お疲れ様でした」としか
言えませんでした…
レーシングドライバーたるもの
狙うは優勝のみなんですね…

とは言え
表彰台のシャンパンファイトでは
無邪気な姿が。
この後
加茂さんがエライ事になってました(笑)
例の件もあるので
嬉しさも一入でしょう。

151025-22

表彰台の美酒を
一口お裾分けしてもらいましたが
シリーズ2位の甘い味?がしました(笑)

最後は恒例の
car☆Xs収録見学。
皆さんシーズン終了で
ホッとした表情をしてますね。

151025-23

松本監督へのサイン攻め(笑)を目撃し
撤収作業までご一緒して
鈴鹿サーキットを後にしました。

なんとも濃密な2日間を
体験させていただきました。
ホンダカーズ野崎公認カメラマン
としての働きぶりは
いかがでしたでしょうか、店長?

最後に
ホンダカーズディーラーらしく(笑)
S660燃費情報を少し。

151025-24

8割方高速道の往復1,194km走行で
平均燃費計表示は「23.8km/L」
高速巡航燃費はすこぶる良好でしたよ。

そんな訳で
来季の体制発表はまだですが
ホンダカーズ野崎→S耐
S耐→ホンダカーズ野崎
のイメージが確立されつつあるので
ぜひ2016年もレース活動を
続けて欲しいと願っています。

何より
優勝の瞬間に立ち会いたいっ!
シリーズチャンピオンになって欲しいっ!
それまで感動の涙はお預けですっ!

クラッシュやトラブル続発で
しんどい2015年シーズンでしたが
大変お疲れ様でしたっ!

=====================

柴澤さん

詳細なレースレポート

ありがとうございます!

公認カメラマンというより

公認レポーターにしましょう!

優勝はできなかったけど

いろいろとあった中での

シリーズランキング2位を

獲得できたことは

嬉しいかぎりです!!

ホンダカーズ野崎 店長 松本正美

 

 

2017エンジョイホンダ

-お客様の声(口コミ&評判), お客様の声(口コミ&評判)車種別, S660, 店長 松本, スーパー耐久
-, , , , ,

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.