ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

エンジンオイル上抜き 機械

エンジンオイルの抜き方解説 下抜きと上抜きの違い

投稿日:

エンジンオイル交換する際にオイルを抜かなければなりません。
いままで当店では下抜きで作業していましたが2017年より上抜きでの交換をすることにしました。
第1の理由は最近販売されている車両の多くにアンダーパネルが装着されており外すのにかなり時間がかかることです。
第2の理由は上抜きのオイル回収機の性能がかなりアップしたことです。
オイルエレメント交換時は下抜きでの作業を致します。

======================
目次
①オイル下抜き、上抜きとは
②オイル下抜きのメリット、デメリット
③オイル上抜きのメリット、デメリット
④オイル上抜き機械
======================

①オイル下抜き、上抜きとは
エンジンオイルを交換する際に、オイルパンに
溜まったオイルを抜きます。

下抜きとはオイルパンのドレンボルトを
緩めてそこから古いオイルを抜きます。
エンジンオイル下抜き
(注)
ドレンボルトが真下についているのは最近みかけません、、、

最下部付近にドレンがあるとほぼ全量が
抜けます。
最近は干渉防止で後ろ側にドレンが
あるものが多くあります。

エンジンオイル下抜き
後ろ側にあるためフロントをあげると
オイルがきれいに抜けます。


EK9シビックタイプRのオイルパンです。
EK9シビックタイプRオイルパン
車体後部側にドレンがあります。
水平抜きで問題ありません。

FD2シビックタイプRのオイルパンは
なぜかドレンボルト付近に工具の逃げらしき
へこみがあります。
FD2シビックタイプRオイルパン

これが邪魔をしていてリフトアップした
状態だと
オイルが全量抜けません、、、、
なぜわかったかというと、無限RRのオーナー
さんが無限のオイルパンに交換した際に
オイルパンを外したらオイルが
残っていました。
FD2は前上り(フロントジャッキアップ)
だとオイルがよく抜けます!!

上抜きとはオイルレベルゲージから専用の
ホースを入れて負圧でオイルを上から
吸い出します。
当社で購入した機械は形状記憶合金製の
細いホースとなっているため奥まで入り込み
吸い残しが少ないものとなっております。
エンジンオイル上抜き

 

②オイル下抜きのメリット、デメリット
オイル下抜きのメリット
エンジン下回りを点検できる。

オイル漏れが初期状態でわかる可能性がある。

オイルエレメントと同時交換が可能。

オイル下抜きのデメリット

アンダーパネルを外すのが大変。


③オイル上抜きのメリット、デメリット
オイル上抜きのメリット
ドレンボルトを緩める必要がないので
閉め忘れなどのミスが防げる
 

ジャッキアップ不要(時間短縮)


ドレンのワッシャーを交換する必要がない

ネジの緩む心配がない

ねじ山を壊す心配がない

作業が楽です
 
 

オイル上抜きのデメリット

エンジンオイルが冷えていると粘度が高く
吸わないので全量が抜けない

  

エンジンの構造によってはホースが
入らなくて交換できない。
  ホンダではアクテイ、バモス系

④オイル上抜き機械
エンジンのレベルゲージから細い管を
挿入します。
無理やり入れると管が壊れる可能性が
あるので慎重に作業します。
エンジンオイル上抜き 機械

ゲージ圧をみながら負圧をかけます
エンジンオイル上抜き 機械

エンジンオイルが吸い出されます。
古い機械だときっちり抜けません、、、

エンジンオイル上抜き 機械

 

 

記事末

シビックタイプR専門買取店

シビックタイプRお探し依頼
top%e7%94%a8typer_2

インテグラタイプR専門買取店

S2000専門買取店

最新情報は店長フェイスブック

ホンダが好き
無限が好き
レースが好き
一つでも当てはまればお気軽に
お友達申請ください!!

-店長 松本, オイル交換
-, ,

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.