ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

スーパー耐久2018第3戦富士レースレポート

投稿日:

突貫工事野崎号24時間6位完走!
ピレリスーパー耐久シリーズ2018
第3戦富士SUPER TEC 24時間レース
ST−5クラス48号車
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
猪股/大賀/河村/笹尾/青野/高森組
決勝までがドラマ満載レースレポート

いろんな意味で長かった初24時間。
1ヶ月間に渡る長期密着レポートを
柴澤がお伝えいたします。

【5月8日:公式テスト】


GW直後に行われた公式テスト。
日中1時間×3回の走行枠があるも
大野選手のチェックラン6周のみ…
その後ドライバー不在の48号車…
私が乗れば良かったのかな?(笑)
暗く冷え込んできたところで
雨と霧の中での夜間練習走行ー☆
高森選手と笹尾選手で11周走行。
本番車ではないので軽めのメニュー。
野崎号復活が待たれる1ヶ月前。

【24時間レース本番に向けて】

本番に野崎号が間に合ったとして、
カラーリングどうなるんだっけ?
まさか、開幕戦みたいに真っ白って
事はないですよね??
チームの誰も答えてくれないので、
勝手に企てますかっ!(笑)


初売りでいただいたFITモデルカーに
タイプR鑑定団ステッカーと車番を
とりあえず貼ってみたVer.1☆
…が、あまり評判が良くない…(汗)
Rの位置やサイズに様々な案が続出し
尺とか兄とかコンセプト大迷走(笑)


お得意の?ビニテアートにてVer.2☆
タイプRといえば赤バッヂでしょ!
狙いが外れウルトラマン感が…(汗)
24時間なのに3分間だけはヤバい!
ボディカラーがシルバーだからかな?
ロゴ右下がり問題は何とか解決(笑)


ベース色をホワイトにすべく、
分解→白塗装→組立からの赤ビニテで
ナナメヨコからいってみたVer.3☆
お、なかなか好評じゃないですか♪
つきまとう誰がいつ貼るの問題(汗)


基本合意が得られた?っぽいので
この路線でいこう!のVer.3.1☆
ブチ感が…ウシ感が…と囁かれ…


フロントマスクにもR感が欲しいなと
マイナーチェンジしてみたVer.3.2☆
なかなか複雑なカラースキームですが
一体誰が貼るのでしょうか?(笑)


野崎号の主である店長へプレゼン♪
無事にゴーサインゲットですー☆


という訳で、
タイプRを見に来ていたお客様に
何やってんだい?的な目線を感じつつ
店先で勝手にTカーを採寸(笑)


遂にカラーリングデザイン完成ー☆
ラッピングフィルムとステッカーの
準備完了でもう後戻り出来ません!


反射ステッカーにしたので
ナイトランはこんな感じになるハズ☆


ステッカー完成!練習もバッチリ!
いざ本番!…ん???
野崎号が間に合わないですと?!!
なんてこったい!!
…でもこればっかりは仕方ない。
構想3週間の24時間対応は諦め、
もはやお馴染みのあのピンチマシンを
どうしようか考えながら富士へ…

【5月30日:搬入日】


午後早上がりからの富士入り。
おぉ、自発光ゼッケンになってる!
猪股さんにお手伝いいただき、
ステッカー剥がしを進めるものの、
この時点でカラーリングをどうするか
ノープランでございます…(汗)

【5月31日:専有走行日】


朝からペリペリステッカー剥がし♪
あまりステッカー使うなよっていう
指令も出てるしどうしよう??


猪股選手からスタートの専有走行。
インスタレーションラップで
盛大に冷却水をバラまいてピットへ…
なんだか波乱の予感がするなぁ〜


途中感丸出しのカラーリングで
猪股選手による慣らし走行終了後、
河村選手→青野選手→大賀選手と繋ぎ
トータル22周走行。
ベストは2番手計時ですけど、
ドライバー間タイム差あるなぁ
でもまぁこれからこれから…と、
この時は思うのであった(意味深)


車検に向かうピンチ野崎号
富士山の麓で排気音量計測中♪
余裕でクリアです〜
フジツボさんありがとうございます!
車検合格ー☆
次の走行も頑張りましょー


専有走行2回目も猪股選手から。
サスセットをいじりながら8周。
大賀選手へ交代。
ロングランを始めようとした3周目、
ホームストレートで6速に入れた途端
ドッカーーーン!!……えっ?!?!


エンジンブローでモーチェン…(涙)
いつもの感じなら夜間練習走行までに
間に合うだろう(と、この時は思う)


なにやらブロックに穴開いてます…
あっち側が見えちゃってますね(汗)


またやってもうた?
京介さんが正座で反省中です〜?


作業中にステッカー剥がし継続。
後戻り出来ない白さになってしまうも
カラーリングは一向に進まない(汗)
めちゃ爪が痛いよぉ〜


モーチェン完了〜冷却水入れて〜
あれ?なんか漏れてない??
って、さっきのエンジンブローで
ラジエーターにまで穴開いとる!!
はい、やり直し〜
この時すでに19時半…
夜間練習走行はキャンセルかな?

ラジエーターの交換を終え…
よぉーしエンジンかけるよぉー
キュキュキュブォォーン!ォンォン…
おっ、かかったけどなんか音が変?
…モクモクモク…
ストップ!!ストップ!!!
イグニッションコイルから煙が…
なんでー?どうしてー??
メカ総出で原因を探るも分からず…
エンジンは音無し状態に(汗)

ここでチーム首脳は考えた。
プランAはピンチ号修復だが、
このまま炎上の原因が分からず
直らなかったらどうするか?
決勝に間に合わない事は避けたいので
プランBとして栃木のガレージにある
未完成野崎号を持ってきて組立か?
ひとまずベテランメカさんを2人
栃木へ派遣することに。

一方、現地では夜通し覚悟で
プランAのピンチ号修復を継続。


イグニッションコイル交換→ダメ
スパークプラグ交換→ダメ
エンジンハーネス全交換→ダメ
プロのメカニック達をもってしても
なぜ発熱してしまうのか原因不明…


あと換えてないのはECUくらいだが
手持ちのスペア無し…
部品到着の明朝に交換してダメなら
ピンチ号は諦めるしかない状況に…
謎の配線1本でとんでもない事態に…

未だどちらのプランか決まらず
カラーリングを施しようもなく(汗)
時刻は24:30を回っており…ZZZ

【6月1日:公式予選日】


朝とともに野崎号がやって来ました♪
う〜む、なかなかの未完成度…

プランAでいけるか最終確認。
ECUを交換してエンジン始動!
コイル蝕温係柴澤の指に全神経集中!
お、熱くならないぞ?直ったか??
・・・
アッチ!!!!!!
ダメだっ!ストップ!ストップ!
右手人差し指には水ぶくれがプクぅ〜


ピンチ号はキッパリ諦めプランBへ。
開幕戦以来の箱替え決定ですっ!!!
ほぼホワイトボディからの組立です!


予選前の大事な時間だというのに、
9号車のメカさん達も総動員!
スーパーGT並みの計11名がかりで
野崎号を突貫工事で組み上げます!

ボディ板金修理が終わっているだけで
他は手付かずの鈴鹿仕様でしたが…

・安全燃料タンク組立/取付
・24時間仕様マフラー移植
・リヤサスHビーム移植
・ガラスが無いのでドア3枚移植
・バンパー前後移植
・ボンネットピン取付
・ドライブシャフト交換
・ブレーキローター/パッド交換
・シート/シートベルト移植
・シフトセレクター移植
・クールスーツ装置移植
・エンジンセットアップ


なんでこんなにドアあるの?とか
通りがかりの観客さんに言われながら
作業はぐんぐん進んでいきます♪


予選に間に合うのでは?という勢いで
組み上がっていく野崎号♪
11時にはエンジン火入れまで完了!
鈴鹿仕様なので元気よく始動(笑)
しかーし、箱替えの嘆願書も
車検も通っていないので出走できず…

12時からの公式予選はキャンセル。
時折邪魔者扱いされながらも
メカさんとドライバーさんに手伝って
もらいながら慣れないカラーリングと
ステッカー貼りに勤しみます☆

夕方になり、嘆願書が受理され
翌日朝イチの再車検合格及び
ウォームアップで走行出来たらの
条件付きでの決勝出場決定の報告が♪


俄然勢いを増すマシン造りですが、
19時半でこの状態…間に合うのか?
翌日の長い決勝に備え20時過ぎには
チームスタッフの皆さんは宿へ。
独りぼっちの静かすぎるガレージで
ボンピンとドアノブに大苦戦しつつ、
一部デザイン変更をしながら休みなく
黙々とカラーリングすること4時間☆


遂に完成ー☆☆☆☆☆
感動で涙がちょちょぎれそうです!
そして時刻は24時…
またテッペン越えですかぁ(激疲)


豪華すぎて迷路すぎる宿へ移動し、
入浴からの一杯と遅すぎる夕食♪
連日のステッカー剥がし&貼り込みで
指先を酷使してしまい、激痛が走って
缶ビールのプルタブ開けもしんどい…
作戦会議ほどほどにバタンキューzzZ
翌朝の富士山がキレイすぎる〜♪

【6月2〜3日:24時間決勝日】


決勝を前に疲れ果てておりますが、
睡眠もそこそこにサーキットへ。
ようやく店長が現地入り(遅っ!!)
野崎号を見て一言
「お、かっこいいじゃん♪」
あざーっす!
「で、ルーフは貼らないんけ?」
マジか!!それ言っちゃうかぁー!
材料も時間も無いってのにぃ〜


そんなKYな店長は放っておいて
前日に仕上げた野崎号の再車検へ♪


スーパーカーがゾロゾロいる中、
S耐車1台ポッキリの車検でしたが
無事合格です〜♪


猪股さん、ご両親が見守る中、
渾身のここにーるステッカー貼り!


ウォームアップ走行という名の
シェイクダウンを猪股選手が担当。
システムチェックとセット確認。
マシンに問題は無いようで、
無事決勝への出走が認められました♪


ピットウォークが始まりましたが、
ようやくのドラチェン練習…というか
シート合わせなドライバー達。


決勝前最終磨きに余念がありません!
指先がジンジンしております(痛)


ピカピカさせた後、ピレリさんとこに
タイヤ組換に行ってきましたよ〜
なんでST-5クラスのタイヤだけ
サイドウォールのプリント無いの?
と、ずっと思っていましたが、遂に
…って、ピレリロゴちっちゃ!


恒例のCarXsさんインタビュー中♪
店長の富士24時間初仕事です(笑)


ピットウォーク半ばですが…
サーキットを抜け出し富士霊園へ。
店長は必勝祈願!柴澤は完走祈願!


ピットに戻り、しばし談笑♪
マシンの準備完了でヤレヤレな中、
9号車チーム代表がステッカーを見て
ふと気付いたのであった…
「ブローはイノマタのせいだな」
「だってコンロッド曲げてるもん」
おぉ、確かにブロックを貫通させた
折れたコンロッド持っとるっス!
ブローした1番気筒のヤツっス(笑)


さてさてランチでも…と思いきや、
井上総監督による決勝前ミーティング
24時間分の作戦は…さすがにムリで
臨機応変に行きましょー的な。


いざ行かん!
スターティンググリッド最後尾へ!
野崎号としては2017年最終戦以来
8ヶ月ぶりの決勝となります!


グリッドウォーク1時間…(長っ)
なんですか?
こののほほんとした時間は!(笑)


愉快なドライバー達と♪
熱い走りを期待しております!


我が逆ポールから数百メートル先に
鎮座しているトロフィー目指して
頑張りましょう!


記念すべき24時間レーススタートは
Aドライバー猪股選手に託します!


15:00 決勝スタートです!
クラス9番手しんがりから
上位進出を目指します!


15周目に82号車が59号車に
激突するアクシデント発生で1回目の
セーフティカー(SC)導入されるも
まずまず順調なスタート。


ピットタイミングの綾もありますが、
44周目、遂にトップ浮上!
最初のスティントは平均2’12.1


45周目16:44ピットイン1回目
作業は給油2本…解説↓

◇24時間レース特別ルール◇
通常は20Lボトル1本のみのところを
2本給油する事が可能。
ピット入口から出口まで最低2分間
滞在しなければならないルール。
ルーティン作業であれば90秒ほど
なので焦る必要はない…はず。
チームのローカルルールとしては
消火器噴かないで漏れた燃料拭く!


笹尾選手に交代し滞在2分7秒。
ブッツケ本番にしては上々の出来。


箱車レースは初めてという笹尾選手、
抜かれる時のロスが大きいようだ…


3時間経過時点でクラス3位。
リヤバンパーが外れかかっている
ように見えないこともない…(汗)
平均2’14.5で48周走行。


93周目18:34ピットイン2回目
フロントタイヤ交換+給油2本
慣れないドラチェンに手間取り
ピット滞在3分11秒…1分ロス(汗)
河村選手へドライバーチェンジ。


さてさて、レースの途中ですが,
野崎応援席の皆さんの様子は…って、
コーヒー美味しそーですねー
大森くん、ピットデリバリーは??


BBQ楽しそーですねー(棒読み)
お腹ポンポコリンのご様子(笑)


レースに戻りましょう!おっと!
リヤバンパーがめくれ上がる
トラブル発生で106周目
緊急ピットイン!
ガムテバンテージ補修で送り出すも
1分半ロスしてしまいました…
時刻は19時を過ぎ、
暗くなってまいりましたー☆


セクター2のタイムをなかなか
上げる事が出来ない先生…


そうか!花火を鑑賞していたからか!
そういう事にしておこう…
ちなみに、ピットからは鑑賞出来ず
ドンパチ音にビビってました(汗)

平均2’15.8で47周回
140周目20:22ピットイン4回目。
給油2本+エンジンチェック
ピット滞在2分27秒。
あれ?
店長っ!早くも撮影サボりですか…


猪股選手の2スティント目。
ピットアウトして間もなく
143周目にフルコースイエロー
(FCY)1回目導入。
98号車がダンロップコーナー先で
止まってしまったようで、
SC2回目が144〜148周に
渡って導入されるレース展開。
6時間経過時でクラス6位4周遅れ。


平均2’12.2で49周回
188周目22:20ピットイン5回目
ここでメンテナンスタイム…解説↓

◇24時間レース特別ルール2◇
安全の為にピットガレージ
滞在8分間のメンテナンスタイムを
20時間経過までに2回義務付け。

8時間走行を目安に1回目実施。
ガレージにヘッドインしまして
タイヤ4輪交換
ブレーキパッド交換
窓拭きなどフルサービスを行い、
ガレージアウトして給油2本
→拭き取りジャマ!と怒鳴られ凹む…
時間を持て余しつつピットアウト。
滞在時間8分17秒。


大賀選手に交代。
淡々と平均2’12.9で47周。
日付が変わる9時間経過時点で
クラス5位7周遅れ。


235周目00:12ピットイン6回目。
真夜中の給油2本
↑拭き取りを見直し、怒鳴られずホッ
1本目の給油直後に燃料を拭くと
給油マンと交錯してしまうので、
2本目を取りに行っている間に
拭くルーティンへ改善しました。
まだ目は冴えているっ!(笑)
ピット滞在2分12秒。


猪股選手が3スティント目。
夜になっても安定してますね〜
昼間と同じ平均2’12.2
光るステッカーいいカンジじゃん♪
あれ?光るゼッケンは??
猪股さーん、また壊したの?(笑)


277周目、レクサスコーナーで
スピンした13号車に10号車が
突っ込んでしまうクラッシュにより
深夜01:45 SC3回目からの赤旗!
仕事場で眠くなってきた〜zzz


30分後4回目のSC先導リスタート
と同時に279周目(44周走行)
02:23ピットイン7回目。
フロントタイヤ交換+給油2本
ボーっとしてアースするのを
忘れかけちゃいましたが
寸前で思い出し事なきを得る…(汗)
ピット滞在2分14秒。


大賀選手が2スティント目。
その頃ピットでは…
なにやら耐火スーツ着てても寒い…
カップラーメンでも食べて温まるか。
3分待って出来たぁー♪
ズルズルっと一口…の瞬間、
「次9号車ピット入るよぉー」
がび〜ん!
消火器仕事を終えた後のラーメンは…
のびのびでぬる〜い(涙)
さみぃよさみぃよ


その頃ピットテントでは…
店長がビール呑んだくれてるぅ〜
マジか?!レース中にマジなのか?!
そんなこんなで12時間経過。
やっと半分だ…クラス4位5周遅れ。


あ、遂にフルさん落ちた…
70時間もお疲れ様です!!(驚愕)


夜間で少しペースダウン?
平均2’13.4で46周回。
325周目04:07ピットイン8回目。
給油2本
ピット滞在2分18秒。


あれ?鑑定団長いないけどどうした?
って、店長寝とんのかいっ!
まぁこれは仕方ないか。


笹尾選手が2スティント目。
空が明るくなってきましたよー
頑張っていきましょー!
341周目に無線が…
「すいませ〜ん
ぶつかっちゃいましたぁ〜」
なぬっ!!
マシンにダメージは無さそうですが…
あ゛ーペナルティ出ちゃった(涙)


354周目ペナルティストップ30秒
実質1分半ロスしました…
接触でコンサバになっちゃったか
平均2’15.4で46周


05:58にFCY2回目が出た場面で
371周目ピットイン9回目。
フロントタイヤ交換+給油2本
ドラチェン遅すぎ滞在4分40秒…
ここでも2分半失ってしまった…
15時間経過クラス4位8周遅れ。


ようやく登場の青野選手☆
平均2’15.4ちょっと不安な45周。
416周目07:41ピットイン10回目
フロントタイヤ交換+給油2本
ピット滞在2分15秒。


河村選手が2スティント目。
ペースが全く上がらない…
先生どうした??平均2’16.4…
441周目08:38から5分間
FCY3回目導入。
25周回と少し早いタイミングですが
ピットイン11回目
メンテナンスタイム2回目を敢行。
特にメンテの必要もなさそうで
時間が余り…給油2本でピットアウト
滞在8分12秒。


ここで高森選手が初登場!
平均2’12.7…攻めてます!
18時間経過クラス7位10周遅れ
なんか真ん中めくれてない?


あっ!
カウルトップが飛んで行く〜
それ以外は快調に安定の46周走行♪


486周目10:31ピットイン12回目
給油2本
ピット滞在2分5秒。


猪股選手4スティント目に突入。
タイヤが苦しいと訴え平均2’13.1…
確かに厳しそうに36周走行。


522周目11:53ピットイン13回目
フロントタイヤ交換
+パッド前後交換+給油2本
ピット滞在5分54秒。
メンテナンスタイムにやっておけば…
4分ロス…


青野選手が2スティント目。
21時間経過クラス7位12周遅れ。
525周目、58号車が炎とオイルを
吹き上げながらコカコーラコーナーで
ストップ!SC5回目が導入されるも
オイル清掃が必要となり赤旗2回目で
約15分レース中断。
SC6回目先導により530周目
リスタートするも、
555周目SC7回目導入という
終盤にきて荒れた展開に。
36周回したところで
558周目13:38ピットイン14回目
ラストの給油2本!
ピット滞在2分7秒。


最後のピットストップを終え
眠さMAXでウトウトしていたら
9号車ラストピットの準備中…
めちゃ邪魔しちゃうとこでした(汗)


お目めパッチリで
猪股選手5スティント目!!
平均2’11.7でチャージするも
前走車との差は大きく
580周目からクルージングへ。


37周走行の595周目15:01
遂にスタートから24時間経過し、
クラス6位チェッカーフラッグ〜!!
ピット逆走でパルクフェルメに向かう
野崎号を皆で労います♪
長いっ!長すぎる24時間!!
そりゃ髭も伸びますわいなと。


野崎応援団がアンカー猪股選手を
お出迎えにパルクフェルメへ♪

各ドライバーの周回数とベストタイム

猪股選手 211周 2’10.560
大賀選手 93周 2’11.262
河村選手 71周 2’12.665
笹尾選手 94周 2’12.112
青野選手 81周 2’12.182
高森選手 45周 2’10.667

トータル595周お疲れ様でした!
イヤというほど乗りたい!っていう
猪股さんの夢は叶ったかな?

完走さえすれば結果は付いてくる!
とレース前には言われていたし、
そうなると信じていた訳ですが、
サバイバルどころか全車完走…
そんなに甘いレースじゃなかった…

クラストップから13周遅れ。
純粋にラップで2.5秒遅く12周遅れ
ペナルティとイレギュラーピットの
ロスタイムが11分半で5周遅れ、
他チームも完璧じゃないだろうからを
差し引きの13周遅れかなと。

セットアップで1秒/周改善
慣熟走行で1.5秒/周改善
ドラチェン練習でピットロスを回避…
木金が順調なら出来たかもですが、
あのような状況下においては、
大きなトラブルなく完走出来ただけで
健闘したのではないかと思います。


とにかく疲れた24時間レース。
廃タイヤの山が尋常じゃありません…


ハイテンションなドライバー達…
いや、メンバー達とパルクフェルメへ
疲れ果てた野崎号のチェックに♪
各メンバーが壊したパーツを
自己申告制で確認しております〜
ハイ、ここ壊した人ダレですかぁ?
オレじゃねーっス!
オレじゃねーっス!
オレじゃねーっス!(笑)


車両保管が解除になったので、
野崎号ドライブ A GO GO!
ピットまでファステストタイムを
叩き出してやりましたよ!(笑)


寝ずの撤収作業は18:30まで続き…


後泊先で42時間ぶりの入浴から
お疲れ様の一杯でバタンキューzzZ

【24時間レース後日談】


なんだか1週間ずーっと時差ボケ
みたいな不思議な感じでしたが、
週末にトロフィーをお届けに野崎へ☆


店長もまだ疲れてるっぽいですが…
お店に展示してありますので、
トロフィーぜひ見に来て下さいね♪


24時間2,700kmレースで使用した
L15Bエンジンを開けてみたら、
コンロッドメタルにキズが…(汗)
レースの過酷さが垣間見れますね。

そんな訳で、決勝前に色々ありすぎた
初めての24時間耐久レース。
サーキット現地ならびにTVにて
熱いご声援ありがとうございました!

ST−5クラス6位入賞により
14ポイント獲得し計46.5ポイント
シリーズランキング4位
DIJONホンダカーズ野崎エンドレスFIT
諦めずまだまだ頑張りますっ!

記事末

大人の部活第5回のお知らせ
「無限ホンダF1エンジン設計の舞台裏」
について店長松本がお話しさせていただきます。
詳細はこちらから

シビックタイプR専門買取店

シビックタイプRお探し依頼
top%e7%94%a8typer_2

インテグラタイプR専門買取店

S2000専門買取店

シビックタイプR専門板金工場


最新情報は店長フェイスブック

ホンダが好き
無限が好き
レースが好き
一つでも当てはまればお気軽に
お友達申請ください!!

-スーパー耐久, スーパー耐久

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.