ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

お客様の声(口コミ&評判)小高様よりM-TEC見学会の感想をいただきました。

投稿日:

7月19日、海の日。

待ちに待った無限(M-TEC)

工場見学ツアーの日がやってきました。

 

当日は快晴とまではいかないけれど

久しぶりの晴れ間がのぞき無限ツアーの

成功を約束しているような天気でした。

 

受付をして

バスの到着を待っている間の話題は

お約束の「天気いいね。やっぱり

(雨男の)某が来ないからかなぁ」

「言い出しっぺ来ないの?」

と某O君の話題でもちきりでした(苦笑)

 

バスに乗り込み、隣になった女性の方と

初対面にも関わらず、お互いに

「(女性は)珍しいですよね」

「昨夜興奮してなかなか寝付けなかった」

という小学生のようなはしゃぎぶりで

盛り上がっておりました。バスの中では

松本店長からこのツアー開催に

あたってのご説明がありました。

 

野崎が長年無限のスポンサーを

してきたという実績があったから

今回のツアーが特別に実施できた

といういきさつをお伺いし

他の大きなディーラーでもこのように

大人数で工場にお伺いしたことはない

という話も聞いて光栄で

身の引き締まる思いがしました。

 

その後、はじまった参加者の自己紹介では

皆さんそれぞれのホンダ歴、野崎歴が語られ

長い人はホンダ歴数十年

野崎歴15年以上という方もいて

皆さんのクルマ愛が熱く伝わってきました。

 

予定よりも早く着いたPA休憩では少し

時間をとって無限さんへの質問を受け付けました。

「これからもコンプリートカーを出す予定なのか」

「今後のレース参戦のあり方はどういう見通しか」

「ブレーキパッドの角の処理をどのように考えているのか」

「ビートのパーツの再販はないのか」等々

沢山の質問や要望が寄せられました。

時間の都合上、すべてはお尋ねできないだろう

とは思いましたがどれも気になる質問ばかりでした。

お尋ねきれなかった質問はあとで

店長がお尋ねくださるのでしょうか(苦笑)

 

いよいよ無限到着です。

細い路地にバスが入っていったので

「え、(世界のコンストラクターの企業が)

こんなところに!?」と思ってしまうところに

無限の本社はありました。

入り口の駐車場には無限RRが2台。

デモカー?と思いましたが話を聞くと

野崎のツアー合流組の方の車だそうで…。

なんだか妙に納得してしまいました。

 

p1950269

入り口の扉にはコンロッドが取っ手に…。

店長から話は聞いていましたが

写真を撮っておけばよかったと

今更後悔しています。

 

入り口を入るとすぐにショールームがありました。

入ってすぐに今まで無限さんが

獲得してきたトロフィーが燦然と並べられ

ショールームの中央にはF1車体と

無限CR-Z RZ、その右手には神電3台と

アフリカンツイン、左手奥には無限グッズ

窓際に歴代の開発エンジンが並べられていました。

 

私をはじめ皆さん、食い入るように

まじまじと見学されていましたね。

あと30分くらい時間が欲しかったです。

特にF1エンジンは見ていて楽しかったのですが

あとで店長から直々に説明があったみたいで

それを聞けなかったのは少し残念でした…。

p1950252

その後、社長がショールームにおみえになり

無限さんからのご挨拶の時間となりました。

社長をはじめ社員の皆さんに歓迎ムードがあふれていて

非常にホスピタリティにあふれた企業だなと

今まで以上に好感を抱きました。

ご挨拶のあと、クラブハウスに移動するまでの間

また少しショールームを見学していたのですが

その際、社長直々に神電について

お話しいただけたのは非常に恐縮でした。

 

この時点で、まだ工場見学というメインに

入っていないのにお腹いっぱいです。

この先どうなってしまうんだろうという期待に

胸膨らませながらクラブハウスに向かいました。

クラブハウスでは無限の企業としての概要説明と

現在の取り組みについて映像で説明がありました。

その後、いくつかのグループに分かれ

工場見学が始まりました。

 

私の所属したグループはカーボン加工

中庭のデモカー、旋盤・切削加工、設計ルームを経由して

エンジン組立、整備と見学に回りました。

カーボン加工工場はカーボン加工の

機械を見ることが初めての経験だったので

非常に新鮮でした。また担当の方が

加工の仕方について丁寧に説明してくださって

カーボン加工はこのように行われるのだ

ということがよくわかりました。

p1950301

デモカー見学では、当初購入を考えていた

S660のRAや現在の愛車のFK2の

デモカーを初めて間近に見ることができました。

やはりカタログや雑誌で見るよりも

間近で現物を見ると違いますね。

p1950340

旋盤・切削加工工場では自分は

詳しくはわかりませんでしたが

前の職場の同僚や教え子がいれば

かなり食いついて説明してくれそうだなと

某教え子が不在であったことが

残念でなりませんでした。

 

エンジン組立に向かうまでに

設計ルームの横を通過したのですが

ここで無限のパーツが作られているのか

と思うと気が引き締まる思いでした。

エンジン組立ではさすがに組み立てている

ところを見学することはできませんでしたが

現在使われているスーパーフォーミュラの

エンジンを間近にしかも車載していない状態で

見るという貴重な経験をさせていただきました。

 

もっとエンジンについて

詳しく知っていればよかったのに…

と、この時ほど自分の無知ぶりを

悔やんだことはありません。

整備工場では、昨年走行していた15号車が

16号車のカラーリングをされて置いてあり

その週末にレースを控えた100号車も

整備を終え置いてありました。

 

100号車はあまり近くで

見ることはできませんでしたが

15号車については間近に

見ることができました。

整備工場から外に出たのですが

その搬入口の狭さにも驚きました。

トラック1台通るので精一杯

というような狭いところに貨車を入れて

あのマシンたちを載せているのかと思うと

職人技を感じずにはいられませんでした。

 

いずれの場所でも、担当の方々は説明のために

自分の仕事を中断しているにも関わらず

親切かつ丁寧に説明をしてくださり

無限という会社は社員のホスピタビリティを

非常に重視しているのだなと思いました。

あとで話を聞くには、安全第一が一番なのだそうですが。

 

ただ、時間が足りなかったのが少し残念でした。

仕事のお邪魔になってしまうのは承知ですが

各所であと15分は欲しかったなと。

でも見られただけでも十分です。

工場見学が終わったあとはクラブハウスに戻り

軽食をいただきながら(「ええっ、いいんですか!?」

という気持ちを抱きながら)F1優勝時の映像と

神電の映像を見せていただきました。

F1の映像は非常に懐かしかったです。

その後、社長への質問時間となりました。

 

時間が限られていたため

質問も限られてしまいましたが

今後も無限さんは取り組みを

続けていくということや

F1エンジンを開発していた頃の苦労話等

貴重なお話を直接お伺いできて

この話だけでもかなりの価値が

あったなと思いました。

また店長と社長のエピソードでは

改めて店長のすごさも実感しました。

店長が無限に残っていたらどうなって

いたんだろうなと想像してみたりもしたのですが

店長が店長でなかったらこういう機会に

恵まれることもなかったのでしょうね。

 

あっというまの数時間でしたが

最後に無限のキャップと山本尚貴選手の

サイン入りTシャツという黒田バズーカ真っ青の

お土産もいただいてもうもう両手を挙げて

降参状態となりました。もうM-TECさんに

足を向けて寝られませんね(笑)

帰りのバスの中でも皆さん大満足の様子でした。

お忙しい中、このような貴重な機会を

提供してくださった、M-TECの皆様

そしてホンダカーズ野崎の皆様に

改めて感謝の意を表したいと思います。

本当にありがとうございました。

これからも応援していきますね。

できれば、また見学に行きたいです!

記事末

シビックタイプR専門買取店

シビックタイプRお探し依頼
top%e7%94%a8typer_2

インテグラタイプR専門買取店

S2000専門買取店

最新情報は店長フェイスブック

ホンダが好き
無限が好き
レースが好き
一つでも当てはまればお気軽に
お友達申請ください!!

-店長 松本, 無限見学会

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.