無限ファクトリーショップ/HondaCars野崎/タイプR鑑定団

menu

ホンダカーズ野崎 シビックタイプRブログ

シビックタイプRユーロ(FN2)

稀少車のはずですが

並行輸入していたのもあり

うちで見かける頻度の高い

FN2のお話。

 

こんにちは

今回はシビックタイプRユーロ

(FN2)の記事です。

 

03-sxga

 

車検証に記載されている通り

この子はEP3同様

生まれはUKでございます。

 

以前のEP3の記事には

愛と皮肉をこめEP3を

「FITの親玉」

なんて言っていましたが

そういった意味ではFN2のほうが

「FITの親玉」になります。

というのも、FN2はフレームが

GE型のFITベースです。

GE8index-thumb

そうです、こいつです。

 

なのでリアはトーションです。

でも、昔の商用バンみたいな

カッスいアシとは全然別物で

ホンダのHPの開発コンセプトにも

記載されている通り

ヨーロッパの石畳と

ワインディングで

磨きのかかったアシ

程よい硬さで

多分、タイプRと名がつく車の中でも

一番乗り心地がいいです。

※FK2のが良かったです笑

 

FD2とはその辺から

開発コンセプトが違いますので

いい感じに住み分けが

できていると思います。

 

少し話がそれますが

2011年頃でしょうか

円が1ドル80円前後だったころ

当時日本では販売されていなかった

FN2の黒と

あちらのお国の無限コンプリート

mugenr10-thumb

輸入していたりもしました笑

現在は円が高いので

現実的ではないですけどね。。。

 

さて、この車にも例の如く

「K20A」が

搭載されているわけなのですが

他の車とはまた違った

特性になっています。

まず、スペックが

201PSの

最大トルク19.7kg

カムの切り替えは5400回転と

他の車両よりも低いところで

切り替わるようになっています。

 

メーカーも公表しているように

街乗りや

ワインディングでの気持ちよさを

追及したセッティングになっています。

 

逆を言えば

以前アコードの記事に

書いた気がしますが

排気系レイアウトは基本

車体が大きい方が

自由がきくわけなんですが

いかんせん、ベースは

GE型のFITなので

どうにもFD2のようには

いかないわけで

「ならもう開き直っちゃえ!」

ってな感じでこういった

エンジン特性になったのではないかなー

と勘ぐっています笑

 

なお、こちらのエンジンにも

アコードと同じような理由で

エンジンの振動を抑えるバランサーが

装着されています。

 

FN2のは「2次バランサー」

と言われ、アコードのそれとは

また別の機構になっており

すっごく簡単に説明すると

エンジンと逆方向の

振動を発生させて

振動を相殺する。

そんなものが付いています。

 

整備の人が言うには

エンジンの下の方、オイルパンの

上ぐらいにあって、ちょっと整備

しにくいとかなんとか笑

 

 

 

ちなみに好きな人は

知っていると思いますが

うちも参加させていただいている

スーパー耐久。

ST4クラスにFN2が出走しています。

ST4

 

ギア比とかの関係で

意外とストレートが速いらしく

車体がノーマルだとFD2より

重かったはずですが

好成績を残していますね。

ベースがいいんでしょうね。

 

さて、GE型のFITがベースってことで

FN2は後席がかなり広いです。

DSC_1312s

普通に余裕で大人二人OKです。

DC5やDC2ではこうはいきません笑

 

ただし

センタータンクレイアウト採用のため

座面は高いですね。でも慣れますし

僕の愛車のEP3も

座面は高いですからね。

 

HO_S085_F001_M002_3_L

インパネデザインは最高です。

個人的には一番好きです。

でも「メーターフードがらガタピシ音がする」

なんて良く聞きます。

 

仕様です、気にしないようにしましょう。

でも何よりFN2と言ったら

尻

そうです!

でか尻です!

しかも無限仕様の尻です。

 

このシルエットはやっぱり

日本じゃ生まれません。

セクシーな外人さんのスタイルです。

ハッチバックに意味不明なぐらい

大きい羽、いいですよね!

 

英国生まれのしゃれおつな

雰囲気を醸し出し

霧降高原や伊豆スカ

夜景がきれいな場所なんかに

ドライブに行きたくなる

そんな有意義なカーライフが

送れること間違いなしの

そんなタイプRです。

人も荷物もよい思い出も

たくさん積んで走ってくれるでしょう。

 

次回は、リクエストがありましたので

ホンダのビート(PP1)を

ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

HondaCars野崎

〒324-0035
栃木県大田原市薄葉2702-2
TEL 0287-29-0107
FAX 0287-29-0374
定休日 水曜日
営業時間
  9:00~19:30
古物商登録番号
 野崎ホンダ株式会社
 栃木県公安委員会
 41108000033

Facebook