ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

お客様の声(口コミ&評判)S660 芳賀郡茂木町 柴澤亮様より「私のS660とBeatの主治医としてこれからもよろしくお願いしますっ!」

投稿日:

お客様の声(口コミ&評判)芳賀郡茂木町 柴澤亮様よりS660のご感想をいただきました。

 

【念願のS660購入】

 

東京モーターショー2013で

突如現れた

S660 CONCEPTに感銘を受け

もし市販されるなら

何かとお世話になっている

ホンダカーズ野崎さんで

購入しようと決めていたS660。

 

売り方が特殊な

売り方ですし

ただでさえ

スポーツカー好きが集まる

ホンダカーズ野崎さんですから

オーダーしても

乗れるのは数年先かなぁ

なんて思っていました。

...が、私の想いを

汲み取ってくれた店長が

手を尽くしてくれまして

発売から4ヶ月で

納車していただきました。

実車も見ずに

デカイ買い物を

してしまいましたが

今はとても満足しています。

 

私はBeatオーナーでもありますが

今回は代替ではなく増車です。

そんな訳で

車名は違えど

どうしても

比較してしまいたくなる

S660とBeat。

 

納車から2ヶ月

約2,000kmの走行を経て

ようやくS660に

慣れてきたところで

Beat対比を交えながら

私なりのインプレッションを

お伝えしたいと思います。

 

 

まずは我がS660の仕様から。

αグレード6MTの

センターディスプレイ付です。

純正仕様を

味わい尽くすべく

オプションパーツ装着は

必要最小限です。

 

【エクステリア】

S660-Beat_02

S660-Beat_03

流線形ボディの

随所にエッヂの効いた

文句なくカッコ良い

秀逸なS660のデザイン。

肉感たっぷりの

リヤフェンダーに

鋭く伸びたテールランプが

特にお気に入りです。

毎日ニヤニヤしながら

眺めています(笑)

 

一方

丸みを帯びた

キュートなBeat。

切れ長ヘッドランプの

フロントビューに

エスハチをオマージュしたリヤ

初代NSXを彷彿とさせる

エアインテークが相成り

ミッドシップ軽オープンスポーツの

アイコンとしていまだに

色褪せないこちらも

秀逸なデザイン…。

 

甲乙付けられませんっ!

 

【インテリア】

インテリア

スポーティで

プレミアム感漂うS660と

ゼブラ柄でポップ調なBeat

対極を成しています。

 

ヒップポイントを

実測してみたところ

地上から

S660:25cm

Beat:23cmという

驚きの低さなのですが

S660のサイドシルが6cm

ドアが7cmもBeatより

高くなっているので

潜り込み感がハンパ無く

数値以上の低さを

感じさせてくれます。

 

腰痛持ちには

ホールド性が厳しい

Beatのシート

(よって社外品に換装)

でしたがS660のシートは

腰周りのサポート性が良好です。

 

【パワートレイン】

S660-Beat_05

高回転まで気持ち良く回る

BeatのE07A NAエンジン。

S660専用タービンで

レスポンス良く低回転域から

トルクを発生する

S07A TURBOエンジン。

回す楽しさで言えば

E07Aに軍配が上がるものの

登坂路でもグイグイ攻められる

S07Aも十分楽しいです。

 

巷ではパワー不足が

指摘されているようですが

ワインディング路や

高速道路走行においては

必要にして十分な

パワーだと私は思います。

 

トランスミッションについて。

その吸い込まれるように

エンゲージされる

小気味良いシフトフィールは

両車に共通した美点です。

ただし

高速100km/h巡航では

クルーズ用6速を備えた

S660が2,900rpm

ローギヤード5速の

Beatは5,200rpmとなり

静かで快適なのは

断トツでS660です。

 

【シャシー】

S660-Beat_07

 

S660-Beat_06

どちらもドライブが

楽しいクルマですが

S660の回頭性は

群を抜いていますっ!

『痛快ハンドリングマシン』

に偽り無しです。

 

路面のバンプに

神経質にならざるを得ない

Beatに対し

サスストロークが

十分確保されているS660は

路面の凹凸にしなやかに

追従してくれます。

アジャイルハンドリングアシストの

制御介入は全く気付けないほど

自然で速度を保ったまま

スッとノーズの向きを

変えてくれます。

 

公道ではその性能を

持て余してしまうので

ホンダカーズ野崎さん主催の

ドラチャレにてS660の

限界性能を試してみたいですっ!

 

【燃費】

S660-Beat_08

カタログ燃費は

S660が

JC08モード:21.2km/L

Beatが

10モード:17.2km/Lですが

実際のところはどうかというと…

 

8月~9月の暑い盛り

エアコン使用は3割ほど

ワインディング走行と

通勤走行やや多め

というS660走行環境。

Beatも似たような

シチュエーションですが

エアコン使用が比較的少ない

4月~8月時期の

データになります。

ガソリン満タン法による

燃費計測値は

 

S660:21.1km/L(1,464km/69.4L)

Beat:18.2km/L(964km/52.9L)

 

納車仕立てで

はしゃいで走った割には

S660の方が

16%ほど好燃費でした。

JC08モード燃費に

迫れると思っていなかったので

嬉しい誤算です。

 

ただ

メーターに表示される

平均燃費計の数値は

「22.9km/L」だったので

満タン法燃費数値は

8%ほど低くなるようです。

その辺の誤差の理由は

燃費マニアの風見さんがそのうち

解明してくれる事でしょう(笑)

 

S660で高速道路も

走行してみたのですが

100km/h巡航時の

燃費計表示は

21km/L台後半でしたので

実燃費は20km/L程度

ではないでしょうか。

 

Beatは

いくつか高効率パーツに

交換しているので

燃費は負けないだろう

と思っていましたが

S660はさすがに

Nシリーズの

エンジンだけあって

回してもすこぶる

良い燃費ですね。

ターボエンジンの燃費には

懐疑的でしたが

考えを改めさせられました。

 

ちなみに両車とも

S耐ホンダカーズ野崎

with CUSCO&BOMEX FIT号

をサポートしている

frixionさんの

エンジンオイル添加剤

ハイパールーブ165

を入れています。

S660-Beat_09

Beat実績で

燃費が7%改善したのを

確認済みですので納車時に

添加してもらったS660でも

燃費が多少

上乗せされているはずです。

これはオススメですっ!

 

S660は

25Lタンク満タンで

500kmはコンスタントに

走れそうです。

エコランに徹すれば

もう少し走れそうな

気もしますがS660が

楽しい走りへ誘うので

難しいです(笑)

S660-Beat_10

余談ですが

エアを抜きながらチビチビと

ガソリン給油しなければ

いけなかった

Beatに比べると

S660は一瞬で

給油が完了します(笑)

フューエルタンクの

位置が下がり

フィラーパイプの向きが

ほぼ垂直になった事で

エア抜き性が

改善されたのでしょう。

 

【オープンエア】

S660-Beat_12

オープントップにするには

Beatが

ロック解除→リヤスクリーン分離→幌開

の一般的でシンプルな手法に対し

S660はユニークな

ロールトップですが

ロック解除→トップ巻き巻き→フロントフード開

→収納BOX開→トップ収納→諸々閉…

と、結構手間がかかります。

S660-Beat_11

走行風の巻き込みについては

ドラポジにもよると思いますが

Beatが頭頂部を

すり抜けていくのに対し

S660は右側のみ髪が乱れる

気流となりそれが

センターピラーに当たって

風切り音を発生するらしく

やや耳障りに感じられます。

 

開閉可能な

リヤウィンドウを開けると

エンジン排熱が室内に

入り込んできてしまうので

冬は良いかもしれませんが

夏はちょっと厳しいですね。

 

総じて

オープンエアのお手軽感・爽快感は

Beatに一日の長があると思います。

 

【収納】

 

ラゲッジスペースが

皆無という潔すぎるS660。

本当に荷物の置き場所が無いです…

リヤトランク

フロントスペアタイヤパン

幌下と小さいながらも

意外と積めちゃうBeatですが

S660では荷物を運ぼうとは

考えない方が

良いのかもしれません(笑)

 

【総評】

 

絶対的なスポーツ性を求めるならS660

官能的なスポーツ性を求めるならBeat

…といったところでしょうか。

S660にはS660の

BeatにはBeatの良さがあります。

両車ともHondaの名機として

末永く語り継がれる事でしょう。

 

まだまだ納期が

かかるとは思いますが

待つのも楽しくなってしまうS660。

S660に乗ってみたいなぁ

とお思いの方は

親身に応対してくれる

ホンダカーズ野崎さんへ

一度ご相談してみる事をお勧めします。

 

ざっとご紹介してきましたが

S660との付き合いは

まだまだこれからですし

新たな魅力も

沢山発見していきたいので

ホンダカーズ野崎の皆様

私のS660とBeatの主治医として

これからもよろしくお願いしますっ!

2017エンジョイホンダ

-お客様の声(口コミ&評判)車種別, お客様の声(口コミ&評判), S660, 店長 松本
-, ,

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.