ホンダカーズ野崎|無限ファクトリーショップ|シビックタイプR販売実績日本一|栃木県,大田原市,矢板市,那須塩原市を含めて全国からお客様の声多数

Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー

埼玉県THさんよりスーパー耐久の感想をいただきました「フィニッシュの瞬間は感動しますよぉ~!!」

投稿日:

スーパー耐久観戦放浪記
『スーパー耐久シリーズ2016第4戦 SUPER TEC 富士9時間』が富士スピードウェイにて9月3日(土)・4日(日)の2日間に亘り開催され、観戦して来ました。
今年の3月に職場が変わって再出発した今の職場には幸運にも夏季休暇が3日取れるということで、今回は丸々3日余裕をもってまとめていただき、予選と決勝の2日間ゆっくり観戦することが出来ました。
チケットは『パドックラウンジパス』を前売りにて購入しました。
このチケットの特典として大きいのがメインスタンド近くの駐車場に車が止められることです。この他にもたくさんの特典があります。
値段は高めですが、レース観戦はじめてという方にはお得かと思います。
今年はここまででスーパー耐久を『開幕戦もてぎ』・『第3戦鈴鹿』と2戦観戦しました。そして今回の第4戦富士は富士スピードウェイが静岡県にあるため関東からの交通アクセスが比較的よいかと思い予選日の2日前まで予選日当日の朝早く出発すればいいと思っていました。
だが、予選日前日になり朝早く起きて出発するのも仕事終わりでいつもなかなか寝られなくて正直辛いと感じていたため…その日の朝に御殿場周辺で宿を何気なく探していると幸運にも御殿場インター近くの宿が空いていたため即予約することが出来ました。
仕事が時間通りに終わり、一度帰宅してから準備を整え予定通りの時間に今宵の宿に向けて出発しました。夜の首都高は昼と違い走りやすかったです。途中、海老名SAにて遅い夕食を食べ、渋滞もなく順調に宿へ到着。
この日は夜遅く宿に着いたため晩酌することなくシャワーを浴びて眠りに就きました。
<予選日>
習慣というものは恐ろしいもので仕事じゃないのに5時ころに目が自然と覚めてしまいましたぁ…(笑)起きて目覚めのブラックコーヒーを飲みながら支度をし、6時半から朝食を食べようと食堂に入るとやけにENDLESSのTシャツを着た方々がたくさんいるなぁ~と思っていると何と!その中に『ENDLESS ADVAN 86』のドライバーである村田信博選手がいるではないですかぁ~!(◎_◎;)
まさかENDLESSチームと同じ宿に泊まっていたとはビックリしました。
私はシャイなもので残念ながら声をかけることが出来ませんでした。
声かけなくて良かったですよねぇ…!?f^_^;
まぁ~ビックリついでにバイキングのカレーライス🍛を2杯も食べたことは言うまでもありません(笑)
さぁ~お腹が満たされたぁ〜!
いざ、富士スピードウェイへ!!
西ゲートからの入場でオープン間もないのに車の長蛇の列!!!(@_@。
並ぶこと10分くらいしてようやくゲートを通過し、指定駐車場へ車を止めました。
早速、『ホンダカーズ野崎with CUSCO&FUJITSUBO』の30番ピットガレージへ行きました。
いつもピットガレージへ行く前まで実はドキドキしているのですが、顔馴染みの方々がいらっしゃったので、一安心しましたぁ〜(≧∇≦)
h5
挨拶をし、差し入れの『草加せんべい🍘』を松本監督(店長)へ渡しました。ちゃっかり草加を宣伝(笑)
第3戦鈴鹿から約2ヶ月は長かったぁ~(^_^;)
待ちに待った2号車との再会(Enjoy Honda 2016 ツインリンクもてぎで見てますけど(笑))。
エキゾースト音は久しぶりに聴きます👂
今回のピットウォークは予選日のみということでモタモタしていられないとわかっていてもそこはシャイな私…今回も能藤さんとNishiさんのご協力のもといい写真が撮れました。
いつもありがとうございます。
h2
h3

その中でもススム選手との写真はフェイスブックのプロフィール写真に使わせていただきました。
ピットウォークが終わり、予選前に能藤さんとNishiさんの3人でレストラン“Orizuru”に昼食を食べに行きました。
店内はそこそこ混んでいました。
私が食べたのは『昭和らーめん』です。
昼食後に再び30番ピットガレージに戻り、予選Aドライバーの松田選手(さすがレーシングドライバーだと思ったのが、レース以外はとても気さくな方で、いざ!レースになると眼光鋭くカッコよくて同性としても惚れ惚れしてしまいました!オンとオフの切り替えが凄いなぁ~と思い、私も見習わないといけないと感じました)を見送ったあとに写真を撮るためアドバンコーナーへ行ったり、コカコーラコーナーへ行ったり、メインスタンドへ行ったりと移動しながら予選を観戦しました。
ちなみに予選はAドライバー:松田選手→Bドライバー:ススム選手→Cドライバー:山下選手→Dドライバー:山西選手の順で行われました。
h4
予選結果は表彰台圏内のST-5クラス3番手となりました。
予選の詳しい状況はホンダカーズ野崎公認レポーターの柴澤さんやNishiさん等のレポートをご覧ください。
予選が無事にすべて終了し、30番ピットガレージに戻ると予選を戦った2号車が明日の決勝に備えメンテナンス中でした。
ここで驚いたのがフロントバンパーを交換するということでした。
そのまま使うわけではないんですねぇ~!
交換した新しいフロントバンパーにスポンサーのステッカーを監督自ら貼っておられたので思わず写真を撮りました。
h6
予選お疲れ様でした。明日の決勝は9時間の長丁場、全力で応援します!
さて、今宵の宿はNishiさんが予約してくださったホテルへ~
Nishiさんの車(能藤さん同乗)のあとを追いかけるように向かいました。途中、夜宴のつまみを調達したり、山中湖沿いの食堂で夕食を食べたりしました。
宿に着いてビックリ!
まるで山の中の迎賓館みたいな佇まいと建物内部!
ここが何とあんな料金で泊まれるとは夢にも思っていませんでした(^^)
部屋も広くてビックリ!!
h8
Nishiさん、本当にいい宿をありがとうございました。
早速、一息入れたあとに夜宴の始まり!!!
h10
夜宴はあんなことやこんなこと色々話が盛り上がり(笑)、翌日早起きすることなんて忘れてしまうほどあれよあれよとお酒が進み、楽しい夜宴は日付が変わったころにお開きとなりましたぁ~zzZ

<決勝日>
決勝は9時間という長丁場、レーススタートが9時ということでピットウォークがなくすぐにグリッドウォーク開始というスケジュール。このため6時半オープンゲートということで、いつものように5時ころに起床し、30分くらいで身支度を整え、5時半過ぎに宿をあとにしました。
館内は薄暗く静まり返っていました。
宿をあとにする前に昨夜は建物外観および周囲の風景が暗くてわからなかったので、改めて見ると山の中の別荘地に来たようで何だか偉くなった(笑)感じがしました。
宿から富士スピードウェイへ向かう道はいいワインディングロードで途中富士山🗻が見えて綺麗でしたが、実は風景を見る余裕はなくNishiさんの車についていくのに必死でした^_^;
富士スピードウェイに着いて車を指定駐車場へ止めて本日もお世話になります『ホンダカーズ野崎with CUSCO&FUJITSUBO』の30番ピットガレージへ

h13
早速、皆さんに挨拶をしたあとに朝食を摂るためにAピットビル2階のパドックラウンジへ向かい、飲み物は自由に飲める(予選日・決勝日両日可)ので宿から向かう途中のコンビニで買った塩むすび2個🍙と赤飯おむすび🍙をグリッドウォーク前までゆっくり食べました😋
グリッドウォーク前に30番ピットガレージに戻り、2号車を見送ったあとにグリッドウォークへ

h14
グリッドウォーク中にCar☆Xsの取材があり、AKB48 チーム4の岩立沙穂ちゃんが!
顔が小さいのにビックリ!(@_@;)
あれよあれよとグリッドウォークが終了。
フォーメーションラップからスタートまで動画撮影するため急いで🏃Aピットビル3階に向かい、スタンバイOK!
フォーメーションラップからいよいよ9時間のレースのスタートです。
現在の国内レースでは最長となる9時間耐久レースという長丁場、レースは最後まで何があるかわかりませんので、気を抜かずに全力で応援しました。
スタートしてからレース前半はドライバーチェンジ・ピットストップの動画を撮影するためNishiさんのご協力のもと密に連絡してくださり、迫力ある動画を撮ることが出来ました。
Nishiさん、ありがとうございました。
レース中盤で昼食をいただきにパドックラウンジへ
今回購入した「パドックラウンジパス」には決勝当日のみお弁当が付きます🍱
御殿場にある「つぼぐち」という仕出し弁当屋さんのお弁当です。
私は存じ上げませんでしたが、このお店を知っている方に聞くと「ここのお弁当は美味しい!」ということでした。
実際に食すと確かに美味しかったぁ~!

h15
お弁当箱が1つ1つマスで区切られており、品数が多くて色とりどりで見た目華やかでとても豪華でした。
昼食後はせっかく新しいレンズを今回導入したので、今までに撮ったことがない場所から撮ろうと思い、食後の運動も兼ねてサーキット内を歩きました。
まず、300Rのダンロップコーナー側の小高いところより撮影し、プリウスコーナーまで再び歩き、パナソニックコーナーからメインストレートのピットロード入り口付近で夕日に負けず最後の撮影をしました。

h16
レースも残り30分を切り、急いで30番ピットガレージへ戻り、最後まで皆さんとモニターを手に汗握る思いで見守りました。

h17
そして9時間が経ち、チェッカーが振られ、レースはすべて終わりました。
2号車はST-5クラス2位でのフィニッシュ

h18

フィニッシュの瞬間は感動しますよぉ~!!
最終ドライバーの松田選手の怒涛の追い上げで1位との差は僅か!

h19
惜しい…と思うのは私だけではないと思いますが、次戦に繋がる良い結果ではないかと思いました。
松田選手の年齢を感じさせないファイトに男惚れしちゃいましたぁ~(*^_^*)
表彰式がST-5クラスからということで急いで向かいました。

h20
表彰式あとに30番ピットガレージにてドライバーの皆さんと監督が並んで記念撮影会。

h21
これにて『スーパー耐久シリーズ2016第4戦SUPER TEC富士9時間』がすべて終わりました。
このスーパー耐久観戦放浪記は、詳しいレース内容・進行状況が入っておりません。
ここで伝えたいのはレース全体、レース場の雰囲気・観戦などのこれからレース観戦したい方や初めてという方が読んで参考にしていただけるような内容になっていると思いますが、いかがでしたでしょうか?
皆さんも気軽にサーキットに足を運んでみてはいかがでしょうか(^^)
かなり長文になってしまい誤字・脱字がありましたらお許しください。
最後まで読んでくださり、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

2017エンジョイホンダ

-店長 松本, スーパー耐久
-,

Copyright© Honda Cars 野崎 |栃木県大田原市のホンダディーラー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.